会社案内
FIDO アライアンス
RAONSECUREは、FIDO Allianceのボードメンバーです。
  従来のパスワードに依存しない新たな認証の仕組みが求めている中、FIDO (Fast IDentity Online)Alliance ( www.fidoalliance.org )は、セキュリティとユーザーの利便性の両立をめざし、公開鍵暗号方式を活用したシンプルで堅牢な認証技術の仕様策定と認定プログラムの標準化の確立、そして普及に注力し、異なる生体認証デバイスに対する相互運用性の欠如に対処するとともに、ユーザーやシステム管理者を悩ませる複数ID・パスワードの管理における問題を改善します。 FIDO Allianceは、「パスワードのいらない世界」の実現に向け、米国を中心に2012年 7月に設立され、デバイスメーカー、金融サービス、通信キャリア、セキュリティベンダー、インターネットサービスプロバイダなど280社を超える各企業の主要プレイヤーが加盟企業として活動しています。RAONSECUREは、モバイル・IoTセキュリティベンダーとして、2016年 FIDO Allianceのメンバー企業として加盟し、2017年には、ボードメンバー企業として選定され、FIDOに準拠した認証サービスの開発と普及に積極的な活動を行っています。
Board Member
Case Study

Korea's Shinhan Bank Deploys FIDO Authentication (2016年 7月 27日)